ダイエット中、間食したい時に食べたい5つの食べ物

ダイエット中、間食したい時に食べたい5つの食べ物

ダイエットをする時には、多くの方が食事制限をして、食べたいものも食べなかったり、満足いく量を食べられなかったりしてお腹が空いてしまうことがありますよね。

 

そんなダイエット中であっても食べられる間食アイテムがありますので、それを5つご紹介しましょう。

 

ドライフルーツ

 

フルーツ自体は食べる時間が悪いと、これは糖分が体の中に残ってしまうので、太る原因になってしまいます。
ですが、ドライフルーツは、通常のフルーツよりも栄養価が高く、カロリーが低くなりますので、間食に食べても問題ありません。

 

同じように、ドライベジタブルも今はたくさん売られていますので、味のバリエーションを増やすために、どちらも用意しておくとよいでしょう。
特に女性にとっては、ビタミン補給などにもなるので、ダイエット中のお肌の乱れなども予防してくれます。

 

 

ナッツ類

 

ナッツ類も間食にはもってこいの食べ物です。
何しろ、ナッツ類は腹持ちが良いので、空腹を抑えてくれる効果が高いです。

 

しかも、硬いのでかなり噛むことになりますよね。

 

それによって、満腹中枢が刺激されやすいので、少量でお腹を見てしてくれるのですが、塩分をたくさんつけてナッツが売られている場合がありますが、できれば、塩分がついていないものの方が、ダイエット中にはおすすめです。
また、脂質も高いので、食べ過ぎは禁物です。

 

 

.春雨(スープ)

 

春雨スープ1杯のカロリーというのは、50kcal未満と、かなり低いです。
スープで、春雨という、食べごたえのある食材を使っているので、間食にするにはとてもおすすめの食事です。

 

どうしても具をたくさん入れたくなってしまいますが、そうすると、必然的にカロリーはアップしてしまいますので、いれても、分葱をちょっと足す程度にしましょう。
分葱は、代謝アップにも効果的で、ダイエット効果を促してくれますよ。

 

 

.カッテージチーズ

 

「え、チーズってカロリー高いからダイエット中には絶対にダメでしょ」と
思われている方もいるかもしれませんが、実はカッテージチーズなどはカロリーが低く、栄養価も高いのです。

 

 

チーズですから、腹持ちもよいので、食べると満足感があります。

 

ポイントは、チーズをかなり小さく切って、
まるでいくつもチーズを食べているような感じにしてあげれば、満腹中枢が刺激されるので、ダイエットに効果的です。

 

 

きゅうりのレモンと塩和え

 

 

きゅうりは、野菜の中でも1番低カロリーの野菜だと言われているくらいの野菜で、1本40kcalもカロリーがありません。

 

 

それを輪切りにして、レモンと塩で和えてあげれば、ビタミンも補給されて、
肌荒れ解消、さらにお腹も満たされ、水分たっぷりの野菜ですから、排泄効果を促し、ダイエットにぴったりの間食です。

 

 

ダイエット中に間食は禁物とストレスをためると、余計にダイエットがはかどらなくなりますので、お腹が空いた際には、こんなものでお腹を満たしてあげましょう。